Inside the Japanese Love Hotel: by Directors Toda Hikaru and Phil Cox

by Rina Nakazawa 

Love Hotel is the place to escape to from real life, have intimacy and liberate individual desires. In Japan, 2.8 million Japanese people visit Love Hotels each day.

ラブホテルとは、日常から逃避し、情事に酔いしれ、個人の欲望を解放する場所である。日本では、毎日280万人もの人々がラブホテルを訪れている。

zeeBigBang spoke with Hikaru Toda co-director of the documentary film, Love Hotel. The documentary includes many intimate scenes and deep emotional conversations between characters who appear very natural and relaxed. “We just asked them to do what they normally do and ignore us as much as they can. We never knew when a scene would end,” said Toda.

zeeBigBangは今回、ドキュメンタリー映画、Love Hotelの共同監督である戸田ひかるさんに話を聞いた。この作品は登場人物たちによる数多くの性的シーンや普段心に秘められている感情的な会話を含んでいるが、彼らはとても自然体でリラックスしているように思えた。「私たちはただ彼らに普段していることをして下さい、そしてできる限り私たちのことは無視して下さいと頼んだんです。私たちもいつそのシーンが終わるのか分からなかったです。」と戸田さんは語った。

“We wanted to get a glimpse of intimate Japan. The Love Hotel is a very unique Japanese phenomenon with a very long history and no-one really made a film about it. Few places in the world have the same institutions. I was interested in why such a place is needed, why it is so popular and why it exists in so many numbers. I think through understanding why people go there and what they are doing there, we are able to understand our society.”

「私たちは内に秘められた日本の本質を捉えたかったんです。ラブホテルは非常に長い歴史を持つとても独特な日本の現象で、誰もそれに関して映画を作ったことがなかったんです。そして同じような慣習を持つ場所は世界にほとんどありません。私はなぜそのような場所が必要とされていて、なぜそんなにも人気があって、なぜそれほどまで数多く存在するのか興味があったんです。どうして人々はそこに行くのか、そしてそこで何をするのかを理解することで、私たちの社会について理解できるのではないかと思ったんです。」

image

A couple being intimate in the Angelo Love Hotel

アンジェロラブホテルで情事を楽しむカップル

Hikaru Toda and Phil Cox explore Japanese society through this intimate perspective. The film focuses on the Angelo Love Hotel in Osaka and captures a wide variety of people who frequent Love Hotels from married couples, gay lawyers who are a couple, a dominatrix and pensioners. The film also examines the lives of people running and working in the Angelo Love Hotel. The documentary delves into how Love Hotels are being forced to change because of tighter regulations.

戸田ひかるさんとフィル・コックスさんはこうした本質的な観点を通して日本社会を描写している。この映画は大阪にあるラブホテル(主にアンジェロラブホテル)に焦点を当て、夫婦、弁護士のゲイカップル、SM女王、年金生活者といったラブホテルに頻繁に通う幅広い層の人々を捉えている。またこの映画はアンジェロラブホテルを運営している人々、そしてそこで働いている人々の生活も写している。さらに、行政の規制が厳しくなったことで今、どのようにラブホテルが変化を強いられているのかも追跡している。

Toda said it was their job to help participants be as natural as possible in front of the camera. “We talked to them a lot beforehand to get to know them by having coffee with them and just talking about life. This was the key. You want them to trust you. You give them as much as they give you as well. You have to open yourself as well.”

戸田さんは、カメラの前で出演者ができる限り自然体でいられるように手助けすることが自分たちの仕事であると語った。「私たちは彼らについて知るために、コーヒーを一緒に飲んで人生について話したりと事前に沢山の会話をしました。そしてそれが鍵だったんです。もし相手に信用してもらいたかったら、相手がくれるのと同じだけ自分もあげることが大事です。自分も同じように自分自身をさらけ出さなくてはいけません。」

Finding participants wasn’t easy. Co-directors Cox and Toda chose to film in Osaka where the Japanese are more open. The Angelo Love Hotel still had the “fantasy interiors” which was the perfect setting for the film. Because Japanese society is very private, they decided to go a little underground in Japan where people are “a little bit crazy and funky” after the way of handing out fliers on the busiest bridge wasn’t successful. Soon they had participants for the film and “it just started rolling,” she said. By early 2012 the film project was underway.

出演者をみつけるのは容易ではなかったようだ。共同監督のコックスさんと戸田さんは比較的打ち解けた人々の多い大阪を撮影場所に選んだ。大阪にあるラブホテルは当時でも、この映画にとって必要不可欠な装置である『ファンタジーな装飾』を残していた。日本社会は秘密主義なため、最も人々で賑わう心斎橋でのビラ配りが失敗に終わった後、二人は『ちょっとクレイジーでファンキーな』人々を求めて日本の比較的アンダーグランドな場所に行くことに決めた。「物事はただ軌道に乗り始めた。」と戸田さんが語るように、その後、すぐに出演者はみつかり始めた。2012年の初めの段階で、この映画プロジェクトはすでに進行していた。

image

Ozawa, a manager at the Angelo Love Hotel

小沢さん、 アンジェロラブホテルの支配人

How did Cox and Toda get people to open up in front of the camera?

“We asked them to use the camera as a mirror. If you are in front of a mirror, if you want to say something to yourself, what would you say? What would be something you tell yourself but you haven’t said?” explained Toda. “I thought it was necessary is to make the camera part of their environment – not the object.”

どのように二人はカメラの前で人々が心を開けるよう促したのだろうか?

「私たちは彼らにカメラを鏡として使ってみるように頼みました。もしあなたが鏡の前にいて、何か自分自身に言いたかったとしたら、何て言う?自分自身に伝えることで、今まで言ったことがなかったことって何だろう?というように。」と戸田さんは説明してくれた。「カメラを物理的なモノとしてではなく、彼らの環境の一部にすることが必要だと感じました。」

image

A client in the Angelo Love Hotel

アンジェロラブホテルの一室でくつろぐ女性客

As directors one of their main objectives was to show the human side of Japan. Toda said that there is “a formulaic view of Japanese sexuality in the United States.” They wanted to show the real Japanese people behind the stereotype and reveal their raw emotions. Toda said that these things are hard to reveal because they are hidden.

共同監督としての主要な目的の一つは日本の人間的側面を示すことであった。戸田さんはアメリカには日本人の性的特質に対する決まりきった見方が存在すると語った。彼らはそういった固定観念の後ろにある本当の日本人を捉えると同時に、日本人の生身の感情を明らかにしたかったのだ。戸田さんはまた、それらの事柄は普段隠されているので、解き明かすのは難しいと語った。

“Love Hotel represents the individual desires of people who go there,” Toda explained. “It’s a place where the Japanese can be honest with themselves. That’s why we wanted to film in this environment where they are not being tied down to social responsibility and all the roles they play outside.”

「ラブホテルはそこに行く人々の個人の欲望を象徴しています。」と戸田さんは説明した。「ラブホテルは日本人が自分自身に対して素直になれる場所なんです。だからこそ、私たちは、彼らが普段外で負っている社会的な責任や全ての役割から解放されるこのラブホテルという環境で撮影をしたかったんです。」

Toda thinks it’s always better to make a film by two directors because your partner looks for solutions you may not have and pushes you.

戸田さんは、パートナーは自分が思いつかない解決策をみつけてくれたり、自分を励ましてくれるので、共同監督で映画を作るのは常にいいことだと考えている。

image

A door of a room in the Angelo Love Hotel

アンジェロラブホテルの一室のドア

To emerging filmmakers she gives this advice. “Just do it – big or small. Just finish one film and show it to people, get feedback and absorb the different things people share with you about your film. Don’t be afraid to ask for help and reach out to people you really admire. Put yourself in the position where you are inspired and just continue to do it. That will take you to the next step.”

新進の映画監督に向けて戸田さんはこんなアドバイスをくれた。「ただやってみること。大きくても小さくても一つ映画を作ってみて、それを人々に見せて、感想をもらって、人々がその映画に対して抱いた様々な意見を吸収すること。助けを求めたり、あなたが心から尊敬する人々と連絡を取るのをこわがらないこと。自分自身を自分が興味のある場所に置いて、後はそれを続けてみること。そうしていれば、自然と次の段階へ行けると思います。」

This extremely funny, heart-breaking and eye-opening film had its world premiere at Hotdocs, 2014. Look for it at a film festival near you.

沢山笑えて、胸の奥にじーんと響いて、そして新しい物の見方を教えてくれるこの映画は、2014年のHotdocsでワールドプレミアを迎えた。ぜひ日本の映画祭でも探してみて下さい。

Join zeeBigBang where arts and entertainment mean business.

Related

The 40th anniversary of the Toronto International Film Festival is in full swing and is bringing with it a...

JOIN THE DISCUSSION

15 + one =